図工のぢかん「中年達のララバイ 第3章」

タカ8(タカハチ)と申します。  北海道で模型製作代行業と自動車板金塗装業をしております。 趣味の話、模型の話、お仕事の話を記事にしていきます!! どうぞよろしくお願いいたします。

Ma.K GUSTAV 製作 2  

先日より体調不良なんですが、夜はプラモ製作しております。

そんなこんなのMa.K製作もテンションあがりまして本体の方は概ね完成しております。

とりあえずこちらの画像をご覧下さい。

IMG_5291.jpg
まずはサフふきから溶きパテで表面に凸凹をつけます。  後にサビ表現をするためこの作業は大事だろうと思い・・・

IMG_5292.jpg

乾燥後、フレームシルバー(ゴールド系)を吹き付けベースになる塗装をします。

またもや乾燥後、シリコンバリアーにて表面をはがれやすいようにします。

IMG_5293.jpg

タミヤエナメルのレッド+レッドブラウンの調色でアカサビベースを作り刷毛塗り。  その他の色もエナメルカラーで刷毛塗りします。

っとここまではよかったのですが、ここからおかしなことを始めました。  初の試みになります。

IMG_5294.jpg
IMG_5295.jpg
IMG_5296.jpg

これはケーキか?っと思われるような質感・・・  実は仕事中に大量に発生した1/1の本物のサビを採取してきましてエナメルシンナーで溶いて、刷毛塗りしました。

シリコンバリアーとほどよく反応しまして、予想以上のサビ表現ができました。っていぃますか、サビ表現という表現方法はおかしいですね。 サビ塗装です。

盆栽はまだ手元にはありませんが、この作品を盆栽に置くと良い感じになるのではないか?っと完全に思っております。  思い込みが激しいだけに、実際置くとバランスの違いにまた頭を悩ますのでしょう・・・

しかしこのサビはかなり使えそうです。  リアルのサビを表現した方にはオススメです。

情景的にこの錆び付いて使えなくなったマシンに新しい乗り手を用意しました。

IMG_5298.jpg

見えづらいかもしれませんが、鶏です。  それも卵温めています。

もう少しリアルさがほしんですが、それ以上を表現しないのもいぃのかなっと思ったりもします。

なぜなら、盆栽がリアルなのとサビがリアルなのでこのくらいで本体は終了いたします。

次回からは、盆栽が手元に来てから再開です。

でわまた
スポンサーサイト

Ma.K GUSTAV 製作 1  

こんばんわ

最近秋を感じてきましたねw  秋といえばMa.Kでしょ・・・  そんなことはないでしょうが現在P.K.A Ausf.G GUSTAVを製作しております。

まずは画像をご覧下さい。

IMG_5289.jpg

このような感じの普通な兵隊です。  

IMG_5288.jpg

今回は工兵タイプにしております。

IMG_5287.jpg

そこでキャノピーが開くようにカットしております。  ここから物語を作っていきたいと思っておりますが・・・

IMG_5286.jpg

この大きさはこのくらいですのでかなり細かい作業になりそうです。 1/35ですが。

IMG_5284.jpg

全部のパーツになりますが、フィギュアは使いません。

この作品は、来月から始まります「POOH熊谷」さんの展示会で展示させて欲しいので、一風変わった作品にしたい考えております。

日本風で情景を本物の盆栽を使いたいと考えております。

また作品に本物のサビを表現したのと、とりあえず新しいことにチャレンジしてみたいですね。

うまくいくかわかりませんがしっかりまとめたいと思っております。

GUSTAVスタートしますw

Ma.K キャメル 製作記 6  

こんばんわw

犬の散歩の時、隣のを見ると桜が咲いておりました。  やっと春がやってきましたねzzz

ワタスには全然無縁のお話ですが・・・

ここのところキャメルを制作していると、パーツを破損ばかりでもういぃ加減にしろ!!っと自分にいぃ聞かせております(爆

妄想の世界ではジオラマ風になっている予定なんですが、このキット あまりにもデカすぎて無理っすzzz

結局本体を板の上におき、看板つけて終了となります。

そこで看板の制作。

丸一日かかりました?! 嘘です。  でも思ったよりかかりましたよ。

IMG_4964.jpg

これをベースに乗せて本体をポンと乗せるとこんな感じです。

IMG_4965.jpg
IMG_4967.jpg

とりあえずこのキャメル、いろんな意味で大変でした(汗

普通に作っても多分自立しません・・・  多分ですよ・・・

それに汚しって難しいです・・・  前回はMGガンダムを綺麗につくろうだったのですが、今回は正反対。

奥がふかいですね~  

さぁ あすからはまたガンプラにしますか???

Ma.K キャメル 製作記 5  

こんばんわw

週明けのお仕事お疲れ様です。  5月の中というのにこの寒さどうなってるんでしょうか?

先日、近郊の畑へ行ったのですがまだ耕運機でおこせる状態ではなく自慢のハマーにトレーラーを引っ張り行ったかいなくそのままてづかさんへおじゃましました。

GOTYさんにお会いしまして、コラボのお話を聞きました。  横のつながりって大事ですよね~

そこに商品棚から視線がーーー  そうDingさん登場!!  まさか塗料コーナーで盛り上がるとは思いませんでしたwww  さらに変態話までzzz

楽しいひと時ありがとうございました。  娘同伴でしたのでほどほどでしたが次回はもっと濃厚にお願いします(猛爆

私もいっぱいコラボしたいのですが、キャメルの制作が終わったらすぐにGBWCの方に集中したいので・・・とりあえず今現在はキャメル制作!!

ここ数日はあまりすすんでおりません。

何故か???っといぃますと、楽しすぎて細かいパーツをスクラッチしているとあっという間に時間がきてしまいます。

まずはこちらから

IMG_4957.jpg

なんのパーツかわかります?

IMG_4958.jpg

サフ画像でもわからないか・・・

実はこのパーツ、前回エンジンルームを見せる工作をしたところちょっと不自然に感じたところがありました。  エンジンリッドを開けた時には必ず可動部にはヒンジとかストッパーとかが存在するはずなんす。

大きな機材はその大きさ重量によって重さを軽減する装置も存在するわけですし、これは作らないと後悔するなぁっと思い制作しました。

そして装着の画像がこちら・・・

IMG_4960.jpg


これでも「あれ?」っとおもったタカ8・・・ かなりのM気質でつ。

左右につけたほうがいぃじゃん!!っと思いもう一つ同じモノを作成し装着いたしました。

そして本日今まで、まだまだ続くちまちまとした工作・・・

その餌食となったのがこちら・・・

IMG_4961.jpg

キャメルのコックピットと胴体を結ぶカバーなんですが、ここはハセガワさん手を抜いたのでしょうか???  みんなつながっているのはこれはなに?

っということで分解改造となりました。

ところが、胴体の連結部に隙間が出来るということは内部構造が見えるようになる・・・

内部構造フェチのタカ8は、たまらず配管や細々とした意味不明なディテールを追加。  そして連結カバーには得意のヒンジを工作。  そんでもって塗装したところ、以前AQUAさんに教えて頂いたカメラにて確認攻撃を実践してみました。

IMG_4963.jpg


あ~~~っ やっぱり汚し方が不自然なところと汚しきれていないところや処理が不完全なところが見える見えるzzz

そこを確認しながら修正すること数時間・・・

IMG_4962.jpg


とりあえず、こんな感じのキャメルが出来上がっております。ここからは機体の顔でもあるコクピットの作成ですが、ここを間違えるとここまでの努力が台無しzzz

更に気合入れないと・・・   単体作品ではなく、できれば情景を少し盛れればいぃのですがね・・・

よし頑張ろう!!  明日から(猛爆

でわでわ~

Ma.K キャメル 製作記 4  

こんばんわw

本日休日だったのですが、疲れが取れなく1日家におりました(汗  雨の中犬の散歩のみ外出・・・

その間、ず~っとPCとにらめっこしておりましたよ。  

オークション画像を製作。 オークション出品のあれこれやっているとあっという間に時間が来ます。

その合間を見て、キャメルの制作でつ。

もう進んでいるのかどうなのかわからないほどの状態zzz  実は、GBWC作品の案を考えていたのですが考えているうちにkobarutoさんが開始されましてブログを見に行くと・・・  「お~っとジムじゃなくクシャか!!」っと思わず声にしてしまいますた。  ワタスは今年もクシャでチャレンジしようと思っていたのですがどうしましょ。  やっぱクシャは絵になるんですよね。

ワタスは「シナトリア」制作しますよ(爆  それも機械と生物の融合???  またですが懲りずにzzz

キャメルですが一応ここまで出来ました。

IMG_4953.jpg
IMG_4954.jpg
IMG_4955.jpg

今回はメカニカルディテールと時代を感じさせる色合い。 あと自然な汚れ具合を表現したいなっとおもいましてエナメルの汚しを少々粗めに流すような表現もしております。
ワタスも部署移動してから2年が経ちますが、汚れたトラックばかり見ていると汚れの感覚がなんとなく「こんな感じもいぃだろう」っと思うことが多々ありまして、模型としてその汚れ具合を縮小スケール化で表現はなかなか難しいですが、あえて新しいことに挑戦しておりますよ。

テーマを自分なりに考えて、表現していくと模型製作も楽しくなります。  見方によってはおかしいかな???っと思うところもあるかもしれません。 でも次のステップのためには大事なことwww

力を入れる表現パーツには必要以上に時間をかけます。

今回特に考えたパーツはこちら・・・

IMG_4951.jpg

先日アップしましたエンジンルームの製作ですが、少々焼き付いたエンジンを表現してみたいのと見せる部分を強調するアイテムとしてこの部分は欠かせないところ。

少々焼き付くのであれば、それなりに部品の使用感などを表現したいところ。  そこでほんの少しの汚しと周辺の焼き付き表現をしております。

っということは・・・ それだけ熱くなるエンジンルームには装甲版にサーモシールドが必要なのかな?っと思い上の装甲版にこんなディテールを表現してみました。

IMG_4952.jpg

岩のりを貼ったわけじゃありません(猛爆  

これも考えたんですよ・・・  この柄にするのもね・・・

こんなことに1日かけてるんですzzz  アホです。   でもこれでもまだ納得いかない気もするんですけどね・・・

こんな感じで2週間あっという間だと思いますががんばりますね~~~!!

プロフィール

管理人のつぶやき

製作代行お問合せはこちら

最新記事

最新コメント

FCカウンター

カテゴリ

全記事表示リンク

MG・サークルのご案内

リンク

スタジオ オクト HP

参加イベント・コンペ その他